コーリン・ジャパニーズトレーディング代表取締役社長NPO法人 GOHAN Society会長 川野作織(11)

0

父から母に宛てたラブレター

母が亡くなったので飛んで帰って、フランスから駆けつけた家族も待って、葬儀は9日後にしました。その間の8日間、母の棺と一緒に寝ました。なんだか日中は亡霊のようになってしまって、家の中をぐるぐる歩きまわっていたら、父から母に宛てたラブレターの束が出てきました。20歳くらい(62年前)から結婚する24歳までのラブレターが、食器棚の前のところの、すぐ分かるところにあったのです。茶色い便箋の束で、私はそれを全部読み、それで父と母の恋物語が分かりました。

ラブレターは全部、父から母に宛てたもので、ものすごくフォーマルでした。現代とは全然違います。母は戦後2年経って、祖母の実家がある五島列島に引き上げてきて、そこで父に出会いました。引き上げてきた後、母はやることがなくて、父が務めていた学校の代用教員になり、そこで父が色々面倒を見たのが出会いだそうです。1年後、父が東京の小学校に赴任して離れ離れになったのでそこからラブレターが始まっていて、父はただひたすら自分の日常を語っています。

いっぱい、いろいろと良かったのですが、一つ忘れられない内容は、夏休みの話です。「子どもたちと毎日顔を合わせることがなくなって、下宿にひとりでいます。ひとりになってはじめて、いつも自分がどんなに子どもたちに癒やされていたか、つくづく実感します。子どもたちがいない一人のこの下宿生活はとてもさみしい。早く夏休みが終わって子どもたちと会いたい」と書いてありました。クラスの子どもたちがいかに自分にとって大切な存在で癒やされているかを実感しているなんて、なんて優しい父なのだろうと思いました。しかもそれを綿々と書いていて、恋愛的な手紙ではないのだけど、ものすごく一途な、父の私が知らなかったそういう純情な気持ちがラブレターにあらわれていて、当時二十四、五歳だった若い田舎から出てきた先生としての父を思いました。

他には、あなたが東京に出てきたら、こういう生活になると思いますなど、間接的に東京に来てほしいなあということを母へ書いているのがかわいらしく、父と母のことをとても近く感じました。

(次回は8月17日号掲載)

kawano

かわの・さおり 1982年に和包丁や食器などのキッチンウエアを取り扱う光琳を設立。2006年米国レストラン関連業界に貢献することを目的に五絆(ゴハン)財団を設立。07年3月国連でNation To Nation NetworkのLeadership Awardを受賞。米国に住む日本人を代表する事業家として活躍の場を広げている。

(2019年8月10日号掲載)

●コラムまとめ●


●Biz 100人委員会
Biz100人委員会とは、本紙を通じて米国の日本人コミュニティーを支援していただくための会です。支援の形として、広告という概念とは別に、会員制の下、本紙を支えていただくとともに、紙面を読者への貢献の場として利用いただいています。
「NEW YORK ビズ!」は「週刊 Business News」に始まり、おかげさまで41周年を迎えました。アメリカン・ドリームを胸に、大きな希望をもって米国に渡ってきた人々へ、幅広い情報を提供することで「異国の大和魂」を応援してまいりました。提供する情報から大きなビジネスの飛躍をした方も少なからずおられ、われわれの喜びとなり日々の活力となっております。
しかし、日々激しく変わる時代において、この充実感を共有できる方々がいること、また今よりもっと読者の応援につながる方法があることに気づきました。ビジネスと人生の成功者であり大先輩である方々に支援・参加いただくことこそ、読者へのより強力な応援と弊紙のさらなる存続につながるのです。米国のチャリティー精神を理解していただく皆さまにこそ、この機会に目を向けていただきければ幸いです。
【問い合わせ】info@weeklybiz.us

〈入会のメリット〉
●社会貢献できる
ご自身の経験やご意見を語っていただくことは、米国の日本人コミュニティーを応援することにつながり ます。ご経験を広く共有して頂ければ幸いです。

●ご自身の声や活動がオフィシャルとなる
執筆頂いた原稿は弊社編集部が確認・校正を入れた上で掲載するため、信頼性のあるメディアに「公」に 出した実績となります。

●今までにない人脈を作ることができる
カテゴリーも年齢もステイタスも違う委員会の同志の人たちとつながることができます。

●ニューヨーク・ビズの紙面づくりに参加できる
100人会のページでは、一方通行の情報配信だけでない、会員の皆さまの意見を反映させた会員が作る紙面となります。ご自分の意見が反映された媒体を持ってはいかがでしょうか。

Share.