〈コラム〉アレルギーと喘息とカイロプラクティック(下)

0

カイロプラクター DR. 石谷三佳「骨盤・背骨の歪みをリセット」第180回

前回(5月4日号掲載)はアレルギーと喘息(ぜんそく)の現状についてお話ししました。

ここで改めて考えてほしいことは、症状を抑え込む薬剤も必要な場合はあるかもしれませんが、根本的な原因を探求し、本来の原因となっていることから治すことを目指す考えです。投薬の場合、根本的原因を治療せずに、結果となって表面化している症状に対しての処置になってしまいます。その場合、投薬をやめれば再発する可能性が高くなり、薬の使用度が増せば副作用も多くなり、次第に体の免疫力は軽減します。

ここで、カイロプラクターを訪ねるという考えは思いついてほしいと思います。例えば、アレルギーになって鼻が詰まる、ではどうするか? 西洋医学の答えは鼻が詰まらない薬を出すことです。ところが、ここでなぜ発症したのか? カイロプラクティック医の私の場合、もちろん背骨と神経の関係をチェックしますが、それに加え、ストレスはないか、寝不足ではないか、食べ物が悪いのか、水分補給はできているか、など身体面、精神面、栄養面を見直し改善するように働き掛けます。

カイロプラクティックは薬や手術をせずに体の根本の自然治癒能力を向上させるために行う医学です。米国の全てのカイロプラクターは神経学、生理学、解剖学、栄養学などの医学的知識があり、喘息やアレルギーなどに対して、自然治癒を向上させて回復させていける知識を備えています。もちろん、まずは背骨と背骨の間から出ている神経を細かく検査し、体の神経伝達や向上するように矯正をします。また、それにより筋肉組織などの緊張がほぐれ、肺活量が改善されることで循環器系の活動が良くなります。頭蓋骨や顔の骨を矯正したり、首を整えたりすることで、鼻炎が回復したり、喉の痛みやたんが絡まることも減少します。体の免疫力や抵抗力を向上させることで、自分が持っている自然治癒能力が伸び、自分の体でご自身の症状を回復していけるということをカイロプラクティックによってぜひ体感してほしいと思います。

また、自然食料品店などで手に入るオーガニックのサプリメントや食材で体をサポートすることで、薬剤と同じくらいの効果も出ることを知っていただきたいと常に感じています。
(次回は5月25日号掲載)

次回はその他のオプションについてお話しします。(次回は5月11日号掲載)

MikaIshitani〈プロフィル〉石谷三佳(いしたに みか) 石谷カイロプラクティッククリニック院長、パーマーカイロプラクティック大学院卒、ハーバード大学医学部専門課程終了/米国、米国小児、ニュージャージー、日本カイロプラクティック協会会員/2008「Chiropractor of the Year」受賞。2015「Bergen’s Top Chiropractor」受賞。

過去の一覧

Share.