Browsing: 風のゆくえ

社団法人倫理研究所理事長・丸山敏秋氏のコラム

コラム

〈コラム〉目くじらを立てる

倫理研究所理事​長・丸山敏秋「風のゆくえ」 第106回 豊かな海に囲まれていた日本では、太古の昔から捕鯨が行われてきた。江戸時代には、大規模…

コラム

〈コラム〉総力戦で挑む

倫理研究所理事​長・丸山敏秋「風のゆくえ」 第104回 ラグビーのワールドカップで日本代表が大健闘したことから、にわかラグビーファンが激増し…

コラム

〈コラム〉常識は覆せるか?

倫理研究所理事​長・丸山敏秋「風のゆくえ」 第102回 植物性の油は動物性の油にくらべて健康によい──そう思っている人は多いだろう。糖尿病患…

コラム

〈コラム〉鶴は龍になって舞う

倫理研究所理事​長・丸山敏秋「風のゆくえ」 第101回 3年ほど前に、中国の元大臣クラスの老婦人から「千鶴図」と題する写真を頂戴した。縦45…

コラム

〈コラム〉叱られる幸せ

倫理研究所理事​長・丸山敏秋「風のゆくえ」 第100回 大学院時代の亡き恩師を思い出すと、叱られた場面ばかりが浮かんでくる。中国の古典を読む…

コラム

〈コラム〉光さす方向に歩む

倫理研究所理事​長・丸山敏秋「風のゆくえ」 第98回 昭和天皇の崩御の悲しみの中で迎えた「平成」とは違って、新元号「令和」の発表に日本中が歓…

コラム

〈コラム〉行蔵は我に存す

倫理研究所理事​長・丸山敏秋「風のゆくえ」 第96回 幕末に勝海舟と福沢諭吉は、共に咸臨丸でアメリカに渡った。勝は艦長待遇、福沢は一介の水夫…

コラム

〈コラム〉やり残した仕事は何か

倫理研究所理事​長・丸山敏秋「風のゆくえ」 第94回 藤沢周平の短編小説「昔の仲間」(『神隠し』所収)では、冒頭で主人公の宇兵衛が、胃の腫瘍…

コラム

〈コラム〉学びの王道

倫理研究所理事​長・丸山敏秋「風のゆくえ」 第91回 日本では今年、スポーツ界における指導者たちによるパワーハラスメントという不祥事が大々的…

コラム

〈コラム〉即座に行動

倫理研究所理事​長・丸山敏秋「風のゆくえ」 第89回 新規にある品物を仕入れようと思い立った。なんだか売れそうな気がする。けれども、もう少し…

コラム

〈コラム〉浄土を観ずる

倫理研究所理事​長・丸山敏秋「風のゆくえ」 第84回 子供が太陽を描くとき、赤色や朱色で塗るのは日本人だけだという。かつて世界の子供たちの絵…

1 2 3 6