コーリン・ジャパニーズトレーディング代表取締役社長NPO法人 GOHAN Society会長 川野作織(14)

0

「そんなことは大したことじゃない」母の言葉がおまじないに

私はセント・ジョセフという私立の学校に通っていました。下校時間に雨が降っていると、ほとんどの子のところにお母さんや誰かが傘を持ってお迎えにくるのですが、私にはお迎えがいないので、いつもびしょびしょになって帰っていました。

びしょびしょの状態では普段通学で使うバスには乗れないし、見られたら恥ずかしいので、人が見ないような松林などを通って帰っていましたが、どうして迎えに来てくれないんだろうとか、迎えに来てほしいとかは、一度も思ったことがありませんでした。母が忙しいのはよく分かっていたから、そんなこと全然大したことじゃないと思っていました。濡れることも、お迎えがいないことも平気でした。

大人になってから時々そのことを思い出して、あれで良かったんだなとすごく思います。母が忙しかったことで、私は他の人とは違う生活を送っていたのです。

ちょっとずつそういう体験を積み重ねて、人と違うってことは何においても「大したことじゃない」「自分は自分」と考える良い訓練になったなあと思います。だからこそNYに行こうって思えたのかもしれないと思います。貧しい生活だった時も、みじめな気持ちにならなかったのは、このおかげかもしれません。これがずっと続くわけじゃない、といつも思っていたし、漠然とした、大丈夫、という感覚が自分の中にありました。

うちの母はいつもにこにこ元気で、私が何を愚痴っても「そんなことは大したことじゃない」と言う人でした。その言葉が私にとっていつもおまじないのようでした。本当にそれに何百遍も救われて、「そうだな、大丈夫」って自分に言い聞かせることができました。生きてさえいれば、別に何が起きたって大丈夫、という感覚は、これは母が旧満州で厳しい生活を送ってきたから身についたものだったはずで、母はいつも本当に「そんなことは大したことじゃない、大丈夫」と言う人でした。

(次回は9月14日号掲載)

kawano

かわの・さおり 1982年に和包丁や食器などのキッチンウエアを取り扱う光琳を設立。2006年米国レストラン関連業界に貢献することを目的に五絆(ゴハン)財団を設立。07年3月国連でNation To Nation NetworkのLeadership Awardを受賞。米国に住む日本人を代表する事業家として活躍の場を広げている。

(2019年9月7日号掲載)

●コラムまとめ●


●Biz 100人委員会
Biz100人委員会とは、本紙を通じて米国の日本人コミュニティーを支援していただくための会です。支援の形として、広告という概念とは別に、会員制の下、本紙を支えていただくとともに、紙面を読者への貢献の場として利用いただいています。
「NEW YORK ビズ!」は「週刊 Business News」に始まり、おかげさまで45周年を迎えました。アメリカン・ドリームを胸に、大きな希望をもって米国に渡ってきた人々へ、幅広い情報を提供することで「異国の大和魂」を応援してまいりました。提供する情報から大きなビジネスの飛躍をした方も少なからずおられ、われわれの喜びとなり日々の活力となっております。
しかし、日々激しく変わる時代において、この充実感を共有できる方々がいること、また今よりもっと読者の応援につながる方法があることに気づきました。ビジネスと人生の成功者であり大先輩である方々に支援・参加いただくことこそ、読者へのより強力な応援と弊紙のさらなる存続につながるのです。米国のチャリティー精神を理解していただく皆さまにこそ、この機会に目を向けていただきければ幸いです。
【問い合わせ】info@weeklybiz.us

〈入会のメリット〉
●社会貢献できる
ご自身の経験やご意見を語っていただくことは、米国の日本人コミュニティーを応援することにつながり ます。ご経験を広く共有して頂ければ幸いです。

●ご自身の声や活動がオフィシャルとなる
執筆頂いた原稿は弊社編集部が確認・校正を入れた上で掲載するため、信頼性のあるメディアに「公」に 出した実績となります。

●今までにない人脈を作ることができる
カテゴリーも年齢もステイタスも違う委員会の同志の人たちとつながることができます。

●ニューヨーク・ビズの紙面づくりに参加できる
100人会のページでは、一方通行の情報配信だけでない、会員の皆さまの意見を反映させた会員が作る紙面となります。ご自分の意見が反映された媒体を持ってはいかがでしょうか。

Share.