「自由な作風─笠間焼」人間国宝・松井康成と現代陶芸作家展

0

松井康成「萃瓷練上壺(すいじねりあげつぼ)」

日本ギャラリーで1月31日(木)から2月27日(水)まで、人間国宝・松井康成と現代陶芸作家展が開催される。

東日本最大級の規模を誇る笠間の陶芸産地は、約240年前、信楽から来た陶工の技術を取得して始まり、その特徴は笠間の地で作陶することを条件に各々の世界観を自由に創作できることで、全国から陶芸作家が移り住む日本でも有数な産地。

今回の展覧会の核になる陶芸作家の人間国宝・松井康成氏は、一つの技法「練上」(ねりあげ)に絞り、表現の領域を格段に広げた作品を造形している。

本展では、陶芸産地の笠間における最も大きな創造の原点であり、現代の陶芸作家に多大な影響を与えている松井氏の代表作6点と陶片(触れることが可能)と、近年、国内外で活躍の場を拡げている現代陶芸の精鋭、大貫博之さん、戸田浩二さん、額賀章夫さんの作品を約60点展示し、現在と未来を展観する。

■概要
【期間】1月31日(木)〜2月27日(水)
【会場】日本ギャラリー
【住所】145 W 57th St, 7FL
【詳細】212-581-2223、[email protected]
【入場】無料

Share.