携帯最大手ベライゾン日系唯一の一次代理店「MMTM, Inc.」

0

新規契約や変更手続きの悩みを日本語で
仲介手数料ナシでお手伝い

法人での携帯電話の契約で困ったら、日本語の通じる代理店に相談できることをご存じだろうか。

「MMTM, Inc.」は、米国最大手通信キャリアVerizon Wireless
(ベライゾン)の日系唯一の一次代理店。主にベライゾンの通信関連機器の販売、通信プランの提供、プラン見直しの提案などを行う。ベライゾンの路面店舗をテキサス州でダラス近郊で6店運営。そして、
2018年4月より法人向け営業所をシカゴに擁する。

たらいまわしや英語で難儀

ベライゾンは加入者数、エリアカバー率、回線品質の全てにおいて全米最大の通信キャリア。「つながりの良さ」を体感する人も多いのでは。しかし、問題は新規契約や変更する際の手続き。「カスタマーセンターに問い合わせても、たらいまわしにされる」「英語が早口」といった米国企業にありがちな悩みも多い。個人はおろか、法人で社員用携帯が必要な場合、業務に支障が出てしまう。MMTM,
Inc.の法人営業責任者・熊野圭輔さんは「10カ月間たらいまわしにされ続けた例もあります」と顧客の悩みを挙げる。

MMTM, Inc.の法人営業責任者・熊野圭輔さん

日本語できめ細かい対応

前者のお悩みケースは、熊野さんがベライゾン内部のお客さまではリーチできないクレーム担当者に直接働きかけることで解決した。仲介してもらうことで、手続きがスムーズになるほか、新しい機種を選ぶときの相談や、気付きにくいキャンペーン情報も教えてもらえる。しかも仲介手数料は一切なし。日本語できめ細かい対応が受けられ、顧客にとってはメリットしかないようだ。

MMTM, Inc.
では、これから渡米する人向けのオンライン携帯販売サービス「アメスマ」の運営も行う。駐在員の家族や留学生に人気のサービスで、渡米前に日本で契約、受け取りまでが可能になる。法人向けには特別プランを組むことも可能だという。

便利なサービスを賢く利用することで、貴重な時間を節約して有意義な毎日を過ごしたい。

■情報■ MMTM, Inc.

〈問い合わせ〉
【電話】214-483-1600(担当:熊野)
【Eメール】[email protected]
【ウェブ】https://mm-tm.com/(英語)、https://amesma.net/ アメスマ

(2018年8月18日号掲載)

Share.