【新連載】美容ライター 熊谷真理の「NY発!キレイを作るビューティーメソッド」

0

面長を目立たなくするテクニック
顔の横幅を広げ、縦長のイメージを緩和させる!

初めまして! この度、『NYビズ』で連載を持たせていただくことになりました、美容ライターの熊谷真理と申します。私は主にwebメディアやSNSで美容情報を発信したり、メイクレッスンを行ったりと、美容を軸とした活動を行っております。今後、こちらの連載では“コンプレックス解消メイクテク”や“ニューヨークの美容トレンド”など、美への好奇心が掻き立てられるような情報をお届け予定♪ みなさま、どうぞよろしくお願いいたします!

「ここ数年で、何だか顔が長くなった気がするんです…」

メイクレッスンをしていると、そんなお声をよく伺います。その原因は、加齢とともにエラスチンやヒアルロン酸、コラーゲンなど、お肌のハリ・弾力を保持する成分が減少し、お顔がたるんでしまったためなんです。そこで、おすすめしたいのが“面長解消メイク”です。

面長をカムフラージュするのに大切なことは、「顔の横幅を広げ、縦長のイメージを緩和すること」。具体的なポイントは5つあります。

5つのポイント

(A)顔のサイドにボリュームを出す(髪型・ピアス)
➡ボリュームを出す位置は目~耳の高さ

※ボリュームの位置が上すぎたり、下すぎたりすると、余計に顔の長さが目立ってしまうので要注意。また、ピアスを選ぶ際はロングタイプではなく、ころんとした横幅のあるデザインを選ぶのも効果的です。

(B)眉は目幅よりやや長めに描く
➡眉の長さを気持ち長めに描くことで、顔のサイドの余白が狭まり好バランスに。眉尻の終点は、口角・目尻を結んだ線の延長線上を目安にすると良いでしょう。

(C)涙袋をぷっくり仕上げる
➡下瞼を重めに仕上げることで目の下~顎先までの長さが短く見えます。

(D)チークは角度をつけず、楕円形に入れる
➡チークの位置は、ニコッと笑ったときに高くなる位置の指1本下から楕円形に。

(E)髪の生え際・鼻下・顎先にシェーディングを入れる
➡前髪がある方は、髪の生え際には入れなくてOK。前髪を長め・厚めに作ると額の長さがカムフラージュされます。

いかがでしたか? 毎日のメイクにちょいテクを加えるだけでお顔の印象は激変します。面長にお悩みの方はぜひ試してみてくださいね!

(次回は4月第4週号掲載)

 

〈Profile〉

くまがい・まり 在NYビューティーアドバイザー/美容ライター。5歳児のママ。夫の米国駐在帯同のため、2016年3月渡米。以降、美容ライターとして本格的に活動。取り入れやすいメイクテクニックに定評がある。Instagram(@mari_loves_beauty)のフォロワーは11万人超。美容専門知識を深めるため、NYで数々の資格・サーティフィケートを取得。現在、Cornell大学で栄養学の勉強中。

【ウェブ】ameblo.jp/marikumagai/

2020年春より日本クラブでメイク講座を開講予定。

Share.